80年代アイドル 来生たかお作品 BEST20

私が80年代アイドルソングを聴いていて、いい曲だなと思い、クレジットを見ると、来生たかおさんの作品であることが多いです。

私の音楽の聴き始めは、アニメソングで、宇宙戦艦ヤマト、ウルトラマンレオ、ベルサイユのばらなど、アニメの内容も悲壮感を漂わせながら相手に立ち向かっていくということから、マイナー調(悲し気な曲調)の曲が非常に多かったように思います。

多くは、オープニング曲はマイナー調の勇ましい感じ、エンディング曲は傷ついた心身を癒すような優しい感じといったパターンでした。

来生たかおさんの作られる曲は、まさにこのアニメソングのオープニングとエンディングを足したような感じで、悲しげでありながらも、どこかやさしいというか心安らぐような雰囲気があり、聴いていて非常に心地が良いです。

今回は、来生たかおさんが歌手に提供した数ある作品の中から、80年代女性アイドルに限定した私が好きな作品を20曲ほど紹介したいと思います。

スポンサーリンク

80年代女性アイドル 来生たかお作品 BEST20

一応、順位を付けていますが、何となく私が良く聴く順番に並べただけで、日が変われば順位も変わると思いますので、順位はあまり気にしないでください(^^♪

表記は、順位、曲名、歌手名の順に記載します。

20位 一年前の恋人 / Wink

作詞は、竜 真知子さんです。

この曲は、Winkの6thアルバム「Queen of Love」に収録されています。

彼に新しい恋人ができ、気丈に身を引く女性の姿が描かれた、スローテンポの悲し気な曲です。

キレのあるストリングスの音色と鈴の音が、強さと弱さの狭間で揺れ動く主人公の心を映し出しているような気がします。

★Amazon「一年前の恋人」収録アルバム商品紹介ページはこちら

19位 夢色のメッセージ / 西村知美

作詞は、来生えつこさんです。

この曲は、西村知美さんのデビュー曲で、人気のあった菊池桃子さんの雰囲気を踏襲した妹分的な存在であったことや、自身の主演映画「ドン松五郎の生活」の主題歌にもなったことから、当時はかなり話題になりました。

恋の入り口のドアに手をかけた少女をイメージさせる曲で、マイナー調の曲ですが、西村知美さんのフワッとしたやさしい感じの歌い方から、どっぷりマイナー調な感じには聞こえない曲です。

来生たかお&えつこさんの曲は、こういったフワッとした雰囲気、又は憂いのある雰囲気を持つアイドルのデビューソングによく使用されました。

★Amazon「夢色のメッセージ」収録アルバム商品紹介ページはこちら

18位 Remember / 風間三姉妹

作詞は、湯川れいこさんです。

この曲は、スケバン刑事シリーズ三作目の映画版「スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇」の主題歌でした。

少女たちが決意をもって悪と戦っていくといったイメージの力強いマイナー調の曲です。

特に、浅香唯さんの歌うパートの安定感のあるビブラートに心揺さぶられます。

★Amazon「Remember」収録アルバム商品紹介ページはこちら

17位 レースのカーディガン / 坂上香織

作詞は、松本隆さんです。

坂上香織さんは、ドラマ先行型で、いくつかドラマに出演した後に、このデビュー曲をリリースしました。

坂上香織さんは、少し鼻にかかった声で、物悲しい曲調が似合っています。

前奏から物悲しくも美しいメロディーを聴くことの出来る秀逸な曲です。

★Amazon「レースのカーディガン」収録アルバム商品紹介ページはこちら

16位 雨のロードショー / 斉藤由貴

作詞は、来生えつこさんです。

この曲は、デビューアルバム「AXIA」に収録されています。

斉藤由貴さんは、デビュー曲「卒業」のような明るくかわいらしいイメージと、スケバン刑事の悲壮感のあるイメージといった両端のイメージがあります。

この曲は、陰のイメージの曲で、恋する人に別の女性がいるのではないかという不安な気持ちを描いており、怪しげなイントロと跳ねるリズムが印象的です。

この「AXIA」というアルバムには、「上級生」という、ちょっと怖くなってしまうくらいマイナー度の強い曲がありますが、斉藤由貴さんの表現力の高さを味わうことが出来るので、私は大好きです。

★Amazon「雨のロードショー」収録アルバム商品紹介ページはこちら

15位 トワイライト -夕暮れ便り- / 中森明菜

作詞は、来生えつこさんです。

この曲は、中森明菜さんの5thシングルで、ダイナミックなイントロから始まるドラマティックなマイナー調のバラードです。

ポツリポツリと歌う中森明菜さんの歌唱と、ドラマティックなアレンジから、感傷的な時に聴くと、涙が出てきそうになる曲です。

Amazon「トワイライト」収録アルバム商品紹介ページはこちら

14位 疑問符 / 河合奈保子

作詞は、来生えつこさんです。

この曲は、河合奈保子さんの15thシングルで、「恋 謎 いつも疑問符」という歌いだしと、スローでドッシリとした怪しげなメロディー&アレンジで、今までの河合奈保子さんの曲とは違い、非常にインパクトを覚えた曲でした。

★Amazon「疑問符」収録アルバム商品紹介ページはこちら

13位 ガラスのラブレター / 桑田靖子

作詞は、小林和子さんです。

この曲は、桑田靖子さんの6thシングルで、イントロの美しいピアノの旋律と、しっとりとしながらもノリの良いリズムが印象的なマイナー調の曲です。

桑田靖子さんは、80年代アイドルの中でも、群を抜いて歌がウマく、いかにも来生たかおといったサビのメロディーを、安定した艶のある声でなぞって行きます。

★Amazon「ガラスのラブレター」収録アルバム商品紹介ページはこちら

12位 瞳で片想い / 八木さおり

作詞は、来生えつこさんです。

この曲は、八木さおりさんのデビューシングルです。

中森明菜さんの「スローモーション」と「トライライト」と足したような感じの曲で、音のアップダウンも激しく、デビューの緊張もあり、デビュー曲としては非常に歌いづらい曲だと思います。

当時、緊張しながらも「瞳で片想い」をしっかりと歌おうと頑張っている姿を見て、「ガンバレー!緊張しすぎて倒れないでねー!!」と思っていました。

メロディーの美しさと、こういった八木さおりさんの歌唱のインパクトが強く、今でもよく聴いている曲の一つです。

★Amazon「瞳で片想い」収録アルバム商品紹介ページはこちら

11位 楽園のDoor / 南野陽子

作詞は、小倉めぐみさんです。

南野陽子さんは2代目スケバン刑事としてドラマに主演していましたが、「楽園のDoor」は、この映画版「スケバン刑事」の主題歌でした。

この曲は、南野陽子さんの6thシングルで、フワッとしたストリングスと、ドドドドといったベースのリズムが心地良く、淡々としたメロディーから始まって、サビで朗々とした雰囲気になっていく曲です。

南野陽子さんの音の立ち上がりの良いキレのある歌唱と相まって、メロディーの良さが際立って聴こえます。

★Amazon「楽園のDoor」収録アルバム商品紹介ページはこちら

10位 メビウスのためいき / 河合奈保子

作詞は、来生えつこさんです。

この曲は、河合奈保子さんの8thアルバム「サマー・デリカシー」に収録されています。

重いドラムのリズムと、非常に動きのある、時には怪しげなメロディーラインが印象的なミドルテンポのマイナー調の曲で、このアルバムを購入した時、この「メビウスのためいき」が一番好きな曲でした。

★Amazon「メビウスのためいき」収録アルバム商品紹介ページはこちら

9位 星空回線 / 佐野量子

作詞は、来生えつこさんです。

この曲は、佐野量子さんの10thシングルで、キレのあるアレンジと、佐野量子さんのフワッとした歌い方が絶妙にブレンドした、ミドルテンポのマイナー調の曲です。

マイナー調の曲ですが、当時、テレビでこの曲を歌う佐野量子さんを見て、あまりのかわいらしさから悲壮感は全く感じませんでした。

この曲に関しては、是非動画で歌唱シーンを見て欲しいと思います。

★Amazon「星空回線」収録アルバム商品紹介ページはこちら

8位 ときめきのアクシデント / 原田知世

作詞は、来生えつこさんです。

この曲は、原田知世さんの2ndシングルで、自身主演のテレビドラマ「ねらわれた学園」の主題歌でした。

この前に薬師丸ひろ子さんの主演映画「ねらわれた学園」が公開されていますが、原田知世さんのテレビドラマの方は、轟二郎さん、柳沢慎吾さんなどが出演し、映画版よりもコミカルな要素が所々に散りばめられたテンポの良い作りになっています。

「ときめきのアクシデント」は、こういった番組の要素を表すかのようなポップな仕上がりで、メジャー調(明るい曲調)ではありますが、来生たかおさん独特の少し気だるい雰囲気もあります。

★Amazon「ときめきのアクシデント」収録アルバム商品ページはこちら

7位 微熱かナ / 伊藤麻衣子

作詞は、売野雅勇(うりの まさお)さんです。

この曲は、伊藤麻衣子さんのデビューシングルでした。

以前、伊藤麻衣子さんが、テレビ番組で「自分はサバサバした性格で、アイドルはやりたくなかった」と言っていましたが、やはりこの可愛らしいルックスを持つ伊藤麻衣子さんをアイドルでデビューさせないのはもったいないですよね。

このデビュー曲「微熱かナ」は、マイナー調のおっとりとした雰囲気を持つ曲で、伊藤麻衣子さんのあどけない歌い方が、青春の1ページを飾る歌詞にぴったりと合っています。

★Amazon「微熱かナ」収録アルバム商品紹介ページはこちら

6位 夜の東側 / 南野陽子

作詞は、小倉めぐみさんです。

この曲は、11位のところで紹介した「楽園のDoor」のカップリング曲で、「楽園のDoor」と同傾向の曲ではありますが、エレキギターのコードバッキングによりロック色の強い楽曲となっています。

個人的に、南野陽子さんの曲の中で1,2を争うほど好きな曲です。

★Amazon「夜の東側」収録アルバム商品紹介ページはこちら

5位 あいにく片想い / 桑田靖子

作詞は、来生えつこさんです。

この曲は、桑田靖子さんの5thシングルでした。

かなりメロディーがキャッチーで、アレンジによっては演歌っぽくなってしまいそうですが、小気味の良い8ビートのアレンジが、当時のアイドルソングとしてのサウンドを保っています。

せつなく美しいサビのメロディーが癖になる曲です。

★Amazon「あいにく片想い」収録アルバム商品紹介ページはこちら

4位 あなたのポートレート / 中森明菜

作詞は、来生えつこさんです。

この曲は、中森明菜さんの1stアルバム「プロローグ」の1曲目に収録されている曲です。

「あなたのポートレート」は、来生たかお&えつこペアによる「スローモーション」でデビューした中森明菜さんのイメージを踏襲するかのような美しくも物悲し気な曲です。

中森明菜さんの「スローモーション」、「セカンドラブ」、「トワイライト」辺りの曲が好きな方は、きっとハマる曲だと思います。

★Amazon「あなたのポートレート」収録アルバム商品紹介ページはこちら

3位 雪灯の町 / 斉藤由貴

作詞は、松本隆さんです。

この曲は、斉藤由貴さんの初主演映画「雪の断章」のサントラに収録された曲ですが、同時期に発売された「The Special Series 斉藤由貴」というアルバムにも収録されました。

現在では、他のベストアルバム等にも収録されています。

降雪を思わせるようなマンドリンのトレモロ、寒々しくも美しい雪景色を想起させる雄大なストリングスが、悲しげな童歌のような切ないメロディーを際立たせています。

私が斉藤由貴さんの曲の中で、一番良く聴く曲です。

★Amazon「雪灯の町」収録アルバム商品紹介ページはこちら

2位 悲しいくらいほんとの話 / 原田知世

作詞は、来生えつこさんです。

この曲は、原田知世さんのデビューシングルで、自身の主演ドラマ「セーラー服と機関銃」の主題歌でした。

このドラマは、薬師丸ひろ子さんの主演映画のドラマ版で、「ときめきのアクシデント」のところでお話ししたように、映画版よりは少しポップな感じに仕上げられています。

マイナー調の気だるいメロディーにキレのあるアレンジがされており、原田知世さんのフワッとした歌い方が、ドラマの主人公「星泉」の不安な心情を映し出しているように思えます。

★Amazon「悲しいくらいほんとの話」収録アルバム商品ページはこちら

1位 あたりまえの虹 / 薬師丸ひろ子

作詞は、小椋佳さんです。

この曲は、薬師丸ひろ子さんの主演映画&デビューシングル「セーラー服と機関銃」の主題歌のカップリングです。

「セーラー服と機関銃」の方は、キレのあるマイナーソングなのに対し、カップリングである「あたりまえの虹」は、ゆったりとしたマイナー調の曲で、肩の力を抜いたせつなソングです。

薬師丸ひろ子さんのの優しい歌い方と、この曲調が調和し、非常に聴き心地の良い曲です。

★Amazon「あたりまえの虹」収録アルバム商品ページはこちら

まとめ

来生たかおさんの作品は、マイナー調の曲が多いですが、激情型悲しみというよりは、黄昏時に「は~」とため息をつく…そんなイメージがあります。

今回は、80年代女性アイドルに提供した作品に絞って紹介しましたが、来生たかおさん自身の曲で、「ねがえり」、「気分は逆光線」、積み木くずしの主題歌「無口な夜」、桃井かおりさんとのデュエット「ねじれたハートで」などなど、素晴らしい曲がたくさんあります。

来生たかおさんの曲をあまり知らない方で、興味を持たれたら、是非色々聴いてみてください。

関連事項

80年代アイドルソング BEST30

80年代アイドルの隠れた名曲

80年代アイドル記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
80年代アイドル 来生たかお作品 BEST20
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする