70~80年代アイドルとクリス松村のスマートフォンデュまとめ

テレビ朝日の深夜番組「スマートフォンデュ」には、ゴールデンタイムでは中々見ることの出来ないアイドルが出演し、生放送で、しかもフルコーラス歌うということで話題を呼んでいます。

ここでは、番組に出演したアーティスト・歌われた楽曲の一覧を、このコーナーが続く限り、随時追記していきます。

昭和歌謡に詳しいクリス松村さん、半田直人さんによるレアな解説も見どころで、その中で気に留まった情報も記載していこうと思いますが、情報量が非常に多いため、あまりテレビで見かけない80年代アイドルに関する情報のみピックアップしていきます。

なお、放送日に関してですが、番組サイトでは、4月26日深夜0:50~といった形式で表記されていますが、実際の放送日は4月27日0:50~となる点にご注意ください。

★スマートフォンデュホームページはこちら

スポンサーリンク

出演アイドルと情報

箇条書きの部分は敬称を省略させていただきます。

2018年7月27日

  • セイントフォー「ハートジャックWAR」
  • 芳本美代子「白いバスケットシューズ」
  • 谷ちえ子「花の女子高数え歌」
  • 新田純一「ハニーハニーSunshine Girl」
  • 桑田靖子「マイ・ジョイフル・ハート」
  • 松村雄基「君との日々」

番組はいきなりセイントフォーの「ハートジャックWAR」で始まりました。

今回の放送では、番組に華を添えるフォンデュガールのガチお見合いというコーナーがありましたが、その分、昭和歌謡の時間が短くなった感じです。

現在、テレビ朝日・六本木ヒルズでは、「夏祭り Summer Station」が開催されていますが、8月17日(金)12:00~13:30にスマートフォンデュLIVEが開催される模様です。

入場料は無料で、出演者はセイントフォー、桑田靖子、大西結花、石井明美etcの予定。

詳細は番組ホームページで確認してみてください。

セイントフォー

今回の「過去に出演したもう一度見たいアーティスト」でまたまた1位を獲得。

次回も1位になったら「ハイ!先生」を歌うかもしれない。

これを歌えば、シングル全曲番組で歌唱したことになる。

芳本美代子

キャッチコピーは「輝けミッチョン」。

※デビュー曲「白いバスケットシューズ」を恥ずかしそうに歌唱する姿と、当時と変わらない歌声が魅力的でした。

谷ちえ子

スター誕生出身。ピンクレディと同じ事務所で、ピンクレディの妹分としてデビュー。

デビュー曲「花の女子高数え歌」は、ディスコ歌謡のような曲調からサビは演歌っぽくなる印象的な曲。

デビューアルバムのB面は、ピンクレディ等のカバーが収録されている。

※クリス松村さんと半田直人さんの情報量が凄まじく、御本人もびっくりされていました。

新田純一

君こそスターで合格し歌手デビュー(82年組)。

キャッチコピーは「ヤングハートブレイカー」。

マッチ(近藤真彦)に似ていたことから、当時は偽マッチと呼ばれることもあった。

※クリス松村さんが「今日はハニーハニーSunshine Girl」という音楽祭で一番よく歌った歌…」と言った時に、間髪入れず新田純一さんが「(今から歌う歌は)「ギンギラギンにさりげなく」じゃなくていいんですね!」と自虐ネタを披露していました。

桑田靖子

父親が男の子を欲しかったみたいで、当時は男の子みたいな恰好ばかりしていた。

作曲家の平尾昌晃にも男の子に間違えられたことがある。

※11月に行われる桑田靖子さん、木元ゆうこさん、徳丸純子さんらの「お神セブン」のLIVEの話もしていました。

このLIVEについては別記事にて詳細をまとめてあります。

松村雄基

今回歌われた「君との日々」は、7thシングル「Night Game」のB面(カップリング)で、バラード曲。

年に数本のLIVEをやっている。

2018年6月29日

  • 松村雄基「夏のナイフ」
  • 風見しんご「僕笑っちゃいます」「涙のtake a chance」
  • セイントフォー「ファイアー(灼熱物語)」
  • 原めぐみ「見つめあう恋」
  • 杉浦幸「六本木十字軍」
  • 木元ゆうこ「チェリーガーデン(桜の園)」
  • つちやかおり「秘密じゃないけど秘密」

今回の放送では「今だから話せる裏事情」というコーナーで、当時の最高月収、週刊誌に載りそうで載らなかった話等をされていました。

今回の「過去に出演したもう一度見たいアーティスト」の順位は以下の通りです。

  1. セイントフォー
  2. 渋谷哲平
  3. 杉浦幸
  4. 西村知美
  5. つちやかおり
  6. 桑田靖子
  7. 大場久美子
  8. 狩人(高道)
  9. 伊藤咲子
  10. あべ静江

松村雄基

凛々しいまゆ毛の形から付いたあだ名は「10時10分」

デビューは1981年で、近藤真彦、ひかる一平、竹本孝之、堤大二郎、宮田恭男、斉藤康彦らと同期だった。

歌手志望でも俳優志望でもなかったが、スカウトされて言われるがまま芸能活動をしていた。

風見しんご

欽ちゃんの番組「週刊欽曜日」でデビューし、「僕 笑っちゃいます」で歌手デビューしたが、映画「フラッシュダンス」の中に出てきたブレイクダンスに触発され、ニューヨークへダンス留学し、帰国後、バックダンサーを探すため、自ら歌舞伎町のクラブでスカウトした。

「僕笑っちゃいます」の作曲者は吉田拓郎で、吉田拓郎の歌ったデモテープを聴いて曲を覚えた。

「僕笑っちゃいます」のレコーディング時、まだ振り付けは付いていなかったが、テンションを上げるため、田原俊彦らの振りマネをしながら歌入れをしていた。

「僕笑っちゃいます」のレコーディングは、なかなかOKが出ず、録音に立ち会っていた吉田拓郎が風見しんごの元に近づき、「上手に歌おうとしないでね!」と言った。

※「僕笑っちゃいます」の2コーラス目はカットされました。

※「涙のtake a chance」のサビ前の「Come on Come to me」の部分は歌わず、バク宙もしませんでした。2コーラスから「いつも君だけを~」までの部分はカットされました。

セイントフォー

当初、グループ名は「セイントフォー」ではなく、「四人組」にされそうだった。

自分たちもフリフリの衣装を着たかったが、事務所の人に「そんな衣装を着てアクロバット出来るのか!」と怒られた。

あんまり化粧をするとセイントフォーっぽくないという理由で、メイクはファンデーションだけしか許してもらえなかった。

ステージに立つ時は、床が滑らないようにするため、自分たちで松脂(マツヤニ)を塗っていた。

7月15日 17:00~ケネディハウス銀座にて再始動ライブ(再々追加ライブ)開催予定。

原めぐみ

17才だった1978年に情報番組のリポーターとして芸能界へ。

山口百恵、松田聖子らをプロデュースした酒井政利に見い出され、1981年にアイドル歌手としてデビュー。

トリオレコード初めてのソロアイドル。

「見つめあう恋」の原曲は、ハーマンズ・ハミッツ(1967年)で、カーペンターズもカバーした楽曲。原めぐみバージョンは、ジューシーフルーツのイリアが作詞した。

杉浦幸

「ヤヌスの鏡」で風見しんごとキスシーンがあったが、監督にキスシーンは「5秒!」と言われ、キスしながら「1..2..3..」と数えていたら怒られた。

木元ゆうこ

1982年に武道館で行われたザ・タイガースの復活コンサートを見に行った時に、レコード会社のプロデューサーにスカウトされた。

ポリドール・レコードの30周年記念アイドルとしてデビュー。

※クリス松村さんが「1983年は谷間(売れにくい)のアイドルって言われていて…」と言った時、木元ゆうこさんは自分の胸の谷間を押さえて「谷間?」と天然な勘違いをされてました。

※クリス松村さんは前日に桑田靖子さんに会い、桑田靖子さんから「木元ゆうこをよろしくお願いします」と言われ、木元ゆうこさんは桑田靖子さんから「クリス松村さんによろしくと伝えてください」と言われたそうです。

クリス松村さんの働きかけで、お神セブン(木元ゆうこ、桑田靖子、松本明子、徳丸純子、森尾由美、小林千絵、大沢逸美)が始動しそうな予感がします。

つちやかおり

「秘密じゃないけど秘密」は作詞:秋元康、作曲:長渕剛だが、つちやかおりは、長渕剛が歌ったデモテープを聴いて曲を覚えた。

2018年6月1日

  • セイントフォー「太陽を抱きしめろ」「不思議Tokyoシンデレラ」
  • あべ静江「コーヒーショップで」
  • 伊藤咲子「ひまわり娘」
  • 三谷晃代「絶好」
  • 杉浦幸「悲しいな」
  • 桑田靖子「脱・プラトニック」
  • 城みちる「イルカにのった少年」

セイントフォーは、番組でアンケートを募った「過去に出演したもう一度見たいアーティスト」で1位になったため、再度の出演となりました。

このアンケートのランキングは以下の通りです。

  1. セイントフォー
  2. 西村知美
  3. 渋谷哲平
  4. 狩人(高道)
  5. 新田恵利
  6. 大場久美子
  7. 大西結花
  8. つちやかおり
  9. 石井明美
  10. フィンガー5(晃)

今回も、もう一度見たいアーティストアンケートを行い、リクエストの多いアーティストは次回も出演するそうです。

番組の最後は、全員で西城秀樹さんの「ヤングマン」を歌いました。

セイントフォー

6/8の再始動ライブのチケット、追加チケットも売り切れたため、再追加チケットを用意。

杉浦幸

2ndシングル「四月列車」の歌詞は、杉浦幸本人の希望により秋元康が作詞することとなった。

桑田靖子

中森明菜「少女A」路線を狙ったデビューシングル「脱・プラトニック」の初披露は日本武道館だった。

レコード会社に配られた見本盤「脱・プラトニック」のジャケットは、本人の顔写真でなく絵だった。

今年でデビュー35周年なので、同期の松本明子、小林千絵、大沢逸美、森尾由美、木元ゆうこ、徳丸純子の7人(通称:お神セブン)で何かやりたいと思っている。

クリス松村さんより「是非、スマートフォンデュでどうですか?」

2018年4月27日

  • 金井夕子「パステルラブ」
  • 目黒ひとみ「わたしのシュガーボーイ」
  • シェリー「甘い経験」
  • 新田恵利「冬のオペラグラス」
  • 石井明美「CHA-CHA-HA」
  • あいざき進也「気になる17才」
  • フィンガー5(晃のみ)「学園天国」
  • 狩人(高道のみ)「あずさ2号」

2018年3月30日

  • 大場久美子「スプリング・サンバ」
  • ザ・リリーズ「好きよキャプテン」
  • 大西結花「チャンスは一度だけ」
  • 横須賀昌美「恋のマグニチュード」
  • セイントフォー「不思議 Tokyo シンデレラ」
  • 電波子「駆けていく少女」
  • つちやかおり「哀愁のオリエント急行」
  • 西村知美「夢色のメッセージ」
  • 渡辺美奈代「瞳に約束」

大場久美子

1977~1979年のプロマイド売上1位だった。

国内女性ソロ歌手で初めて武道館コンサートをやった(歌手活動引退コンサート)。

一番売れた曲は「ディスコ・ドリーム」だった。

セイントフォー

ニューアルバムをリリースする。

アクロバティックな振り付けで濱田は捻挫をし、松葉杖をついて歌ったことがあった。

西村知美

第1回モモコクラブのオーディションの時、セイントフォーがゲストだった。

つちやかおり

シングル「失恋散歩道」「秘密じゃないけど秘密」は秋元康が作曲したが、秋元康に「もう二度と書かない。お前に書いても売れない!」と言われた(本人談)。

この番組出演を機にライブもやってみたい。

おまけ(出演希望歌手と楽曲)

今後、個人的に出演して欲しい歌手と楽曲を書いておきます。

実現したらいいな(*´▽`*)

  • 河合奈保子「ヤングボーイ」
  • 新井薫子「虹いろの瞳」
  • 伊藤かずえ「哀愁プロフィール」
  • 姫乃樹リカ「地上の楽園」※本人のギター演奏付き
  • 五十嵐いづみ「素直になれなくて」
  • 我妻佳代「悲しみの向こうがわ」
  • 麻田華子「Doubt!」
  • 伊藤麻衣子「微熱かナ」
  • 岩井小百合「恋 あなた し・だ・い!」
  • 岩崎良美「あなた色のマノン」
  • 岡田有希子「恋、はじめまして」※竹内まりやさんによる歌唱
  • 岡本舞子「ファンレター」
  • 荻野目洋子「無国籍ロマンス」
  • 北原佐和子「マイ・ボーイフレンド」
  • 真鍋ちえみ「ねらわれた少女」
  • 斉藤由貴「情熱」
  • 南野陽子「接近」
  • 坂上香織「レースのカーディガン」
  • 佐野量子「星空回線」
  • 沢田玉恵「花の精」
  • 宍戸留美「コズミック・ランデブー」
  • 少女隊「Forever」
  • スターボー「ハートブレイク太陽族」
  • 立花理佐「疑問」
  • 徳丸純子「恋はシーソーゲーム」
  • 中江有里「風の姿」
  • 長山洋子「春はSA・RA・SA・RA」
  • 直江喜一「悲しきティーンエイジャー」
  • 浜田朱里「想い出のセレナーデ」
  • 原田知世「悲しいくらいほんとの話」
  • 三浦理恵子「水平線でつかまえて」
  • 水野きみこ「私のモナミ」
  • 三田寛子「駆けてきた処女」
  • 三原順子「セクシー・ナイト」
  • 八木さおり「瞳で片想い」
  • 吉沢秋絵「なぜ?の嵐」
  • 吉田真里子「とまどい」
  • 渡辺典子「少年ケニア」
  • 泰葉「水色のワンピース」
  • H2O「僕等のダイアリー」
  • SHOGUN「男たちのメロディー」
  • 中村雅俊「海を抱きしめて」
  • 朝倉理恵「さよなら、今日は」
  • 荻野目慶子「愛のオーロラ」
  • 香坂みゆき「愛よおやすみ」
  • 桜田淳子「しあわせ芝居」
  • 柏原芳恵「最愛」
  • 沢田聖子「卒業」
  • 下成佐登子「秋の一日」
  • 杉村尚美「サンセット・メモリー」

関連事項

クリス松村著「誰にも書けない」アイドル論について

おすすめ80年代アイドルヒットソング

80年代アイドル記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
70~80年代アイドルとクリス松村のスマートフォンデュまとめ
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする