70年代 小学生の遊び~学校の備品に憧れて~

小学生の頃、何故か学校の備品に興味を持ってしまい、いくつか買った覚えがあります。

一番欲しかったのは黒板でしたが、それは無理なので、手に入りそうなものを親に「勉強になるから!」と言って買ってもらいました。

スポンサーリンク

買ってどうする!?学校の備品

ストップウォッチ

体育の時間、先生が首からぶら下げているストップウォッチが妙にカッコ良く、これが欲しくてたまりませんでした。

当時は、手巻きのアナログ方式で、丸い時計の上部にあるスタートストップのボタンを押した時の「カチッ!」っという押し心地が、非常に気持ちよくてたまりませんでした。

誕生日か何かにこのストップウォッチを買ってもらいましたが、これで何をしたかというと、近所の子ども達を集めて、自宅周辺を走り回ってタイムを計ったりするのみでした。

この頃は、あまりカップラーメンみたいなものが主流ではなかった(袋めんが主流)ので、カップラーメンの出来上がり時間を計るとかそういう事には使いませんでした。

それで、段々使わなくなってきて、時々机の引き出しから出しては、カチカチボタンを押してストレス発散してました💦

伸びるボールペン

先生が授業の時に、黒板に向けて使う伸び縮みする棒が、ヒーローの武器のようでカッコよく、欲しくなりました。

近所の文房具屋さんで、安いものを買いましたが、やっぱり、これを伸び縮みさせるのは気持ちがよく、意味なく伸縮させていました。

これで良くアクマイザー3の「ザビタン!」と言ったりして遊んでました。

ただ、ボールペンとしては使いづらく、伸ばして振り回しているうちに、曲がって来て、終いには先の方が折れて、ブラ~ンとなり、それきり使わなくなりました。

チョーク

黒板に文字を書く時に使うチョークの書き心地が気持ちよく、黒板とセットで欲しくなりました。

しかし、黒板を買うというのは現実的ではなかったので、チョークのみ買いました。

チョークは道路の落書きに使いました。

ただ、チョークはすぐになくなってしまうので、それまで使っていた「ろうせき」も併用していました。

皆さん、「ろうせき」って知ってますか?私が小学生の頃は当たり前に使っていた、道路に落書きするための石(?)みたいな物で、白い線を書くことが出来ます。

今でも売っているんですね。

★Amazon 「ろうせき」商品紹介ページはこちら

模造紙

学校で何かの発表をするときに使う大きな紙に興味を持ち、文房具屋さんに行って「学校で使う大きな紙ください!」と言って、模造紙を1枚買いました。

この紙には、当時集めていた河合奈保子さんの切り抜きのカードのような比較的小さなものを隙間なく貼り付け、オリジナルポスターを作りました。

この作業はとっても大変だったので、途中で友達を電話で呼び出し、無理やり手伝ってもらいました(;^ω^)

地球儀

地球儀は特に欲しいという訳でもなかったのですが、当時定期購読していた学習雑誌に、緯度と経度をダイヤル(?)で合わせると、ピンポイントで光ってその場所を教えてくれるという広告があって、それがおもしろそうで買ってもらいました。

ただ、面白かったのは初めだけで、地球儀は高速でグルグル回すだけのものとなりました。

顕微鏡と虫めがね

学校で顕微鏡を使っていると科学者になった気分になり、自宅でも色々なものを研究したいという思いに駆られました。

買ってもらった顕微鏡で調べたものはというと、自分のツバなど、汚いものが多かったような気がします(>_<)

虫めがねは、太陽の光を集めて、紙を燃やす事のみに使っていた気がします。

まとめ

他にも、フラスコやビーカーなどの造形美や、アルコールランプの柔らかな炎に魅せられたりしましたが、それは買いませんでした。

時々、理科の実験で余ったマグネシウムを持ち帰り、火をつけてバチバチとやったりと、いろんなことをしていました。

小学生の頃は、危険な遊びも良くしたものです。

次は、私がやった危険な遊びを思い出しながら書いてみたいと思います!?

私の70-80年代シールコレクション

70-80年代レトログッズ&TV記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
70年代 小学生の遊び~学校の備品に憧れて~
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする