昭和のマンガ本~我が家の本棚にあったのは…~

2018年8月15日に漫画家のさくらももこさんがお亡くなりになりました。

素晴らしい作品をありがとうございました。ご冥福をお祈りします。

私は、テレビ放送開始辺りから「ちびまる子ちゃん」を見て、シュールな小学生の言動に笑い転げていました。

そのうちマンガも読みたくなりましたが、当時は大学生で雑誌「りぼん」を買う勇気がなく、単行本を買い集めていました。

単行本でさえ、少女コミックコーナーに置いて有ったので買うのに勇気がいったものです。

今回は、私が小学生から実家を出るまで(70~90年代)、本棚にどんな漫画本があっただろう?と思い、記憶を辿ってみました。

スポンサーリンク

コンプしたのは2作品だけ!?

私は、それ程漫画本が好きだったわけではなく、どちらかというと音楽ばかり聴いていた少年だったので、そんなにたくさんの漫画本は買いませんでした。

大抵、漫画本を買うのは、親が気まぐれで本を買ってやると言った時か、病気をして通院の帰りに親に駄々をこねて本を買ってもらう時ぐらいでした。

それでも買ってもらう本は、漫画本よりはケイブンシャやコロタン文庫等の○○百科みたいなものが多かった気がします。

そんな感じだったので、漫画本を買ったとしても全シリーズ揃えることはほとんどなく、第2巻だけ買うといったような中途半端なものでした。

私が買った漫画本は、ほぼテレビを見て好きになってから買うというパターンで、漫画本先行ということはありませんでした。

記憶に残っている漫画本を以下に挙げてみます。

1~数冊買ったもの

ダメおやじ

家族にイビられながら健気に生きて行く父親のギャグマンガです。

そのイビリかたが拷問で、悲惨な光景ながら何故か笑えるといった絶妙な漫画でした。

何巻目を持っていたのかは覚えていませんが、私の買った本には、ダメおやじが誰かを助けて、その人がお礼に自分の家にダメおやじを呼び、ハンバーグかステーキ?をご馳走してくれ、今後もいつでも夕飯食べに来てくださいと言われる話が載っていました。

ダメおやじは家でイビられ、夕飯抜きにされても、俺には夕飯をご馳走してくれるお宅があるから大丈夫なのだ!なんて思っていると….

また読んでみたい漫画の一つです。

あと、この本の終わり辺りに、ダメおやじとは全く関係ない話が載っていて、かなりエログロイ感じの内容だった記憶があります。

人造人間キカイダー

確か持っていたのは第1巻だったと思います。

第2巻を買わなかったのは、話がテレビと全く違い、内容に違和感を覚えたからです。

特撮モノ全般、デビルマン等の一部のアニメにも同様の違和感を感じたため、キカイダー以後は、この手の漫画本を買うことはありませんでした。

もう少し大きくなってから読んでいたら大分印象は違っていたと思います。

ドカベン

小学生の頃のある日曜日、父親が本を買ってあげるというので、本屋で本を見ていたところ、特に欲しい本がなく、たまたま手に取ったのがドカベンでした。

テレビも見ているし、これでいいやと思って買いましたが、読んでみると難しい漢字がいっぱいあって、しかも読み仮名が付いていなかったので、吹き出しが読めず、本屋さんに返品(交換?)した思い出があります。

サーキットの狼

友達の誕生日会でプレゼント交換をやった時に、自分が受け取ったものが、たまたまサーキットの狼の漫画本でした。

何巻かは忘れましたが、峠のような道でスーパーカーバトルをしていた絵を覚えています。

ゲームセンターあらし

これは第1巻だったと思います。

コロコロコミックはよく読んでいて、インベーダーゲームも大好きだったので、何度も読み返した記憶があります。

あさりちゃん

小学生の女の子「浜野あさり」を主人公としたギャグマンガです。

多分、妹が買ったものだと思います。

まことちゃん

小学生の「沢田まこと」を主人公としたちょいエロギャグ漫画です。

まことちゃんの小学生らしい純粋な心が導くエロセンスには抱腹絶倒でした。

時々、まことちゃんとは全く関係のない作者の楳図かずおさんのお知らせみたいな部分が出て来たりと、何とも摩訶不思議な漫画でした。

ルパン三世

ルパン三世は、飽きるぐらい再放送されていた為、試しに1巻買ってみました。

漫画本のルパン三世は、絵がヒョロヒョロっとしていて、アダルト要素が強く、この漫画本を買ったことに少し恥ずかしさを覚えました。

ブラックジャック

話ももちろん面白くて大好きでしたが、ホラー系が好きだったせいか、ブラックジャックの手術シーンの描写にゾクゾクしながら読んでいました。

数巻持っていましたが、本屋さんで買ったのは1~2巻程度で、後は市役所で開催されたバザーで30円ぐらいで買いました。

藤子不二雄マンガ

「忍者ハットリくん」「オバケのQ太郎」「パーマン」「ドラえもん」などの漫画本を持っていました。

「ドラえもん」以外は各1巻ずつ、「ドラえもん」はコンプリートに近いくらい持っていたような気がしますが、それでも何巻かは抜けていたと思います。

初めは「ドラえもん」が一番好きでしたが、少しずつシンちゃん、獅子丸、ハットリくんのかわいさに惹かれて「忍者ハットリくん」が好きになって行きました。

銀河鉄道999

松本零士さんの描く美しい女性の絵や、勇気・正義・希望といったテーマに強く共感していたので、宇宙戦艦ヤマト等、他の作品も大好きでした。

持っていたのは多分4~5巻ぐらいだったと思います。

どちらかというと漫画本よりもテレビに夢中でした。

Dr.スランプ アラレちゃん

Dr.スランプこと則巻千兵衛博士が作った中学生体系のアンドロイド則巻アラレを主人公としたギャグ漫画です。

うんち、おっぱいといったドリフ的笑いと、奇想天外なキャラクターやバカさ加減に大笑いしたものでした。

他の漫画本に比べるとたくさん持っていた気もしますが、コンプリートはしていません。

人生に疲れ果てた時に読んでも、そんなことは忘れて今でも大笑いできると思います。

コンプリートした漫画本

私がコンプリートした漫画本は2作品のみ。

それは、「北斗の拳」と「シェイプアップ乱」。

少年ジャンプ等の週刊漫画雑誌は一切読まなかったのですが、「北斗の拳」をテレビで見て、愛と格闘バイオレンス的な内容にハマりまくり、少年ジャンプを毎週買うようになり、コミックが発売されればすぐに買いました。

少年ジャンプを読んでいて、他の作品にはあまり興味を持てませんでしたが、「北斗の拳」と同じぐらいハマったのが、「シェイプアップ乱」でした。

高校生の私にとって、この笑えるエロ漫画はドツボでした。

「シェイプアップ乱」も「北斗の拳」と同様にコミックが発売される度に買いました。

「北斗の拳」のコミックは、いつの間にか親に処分されてしまいましたが、後で文庫サイズのモノを買いなおしました。

好きだったけど買わなかった漫画

大好きだったのに買わなかった漫画….

それは楳図かずおさん作品の恐怖漫画です。

クラスの学級文庫や近所の病院などに楳図かずおさんの恐怖漫画はよく置いてあって、何度も読みましたが、その画風があまりに怖くて、買って家に置いておくのが怖かったのだろうと思います。

大人になってから出来る限り買い集めました。

まとめ

90年代以降は、「ベルサイユのばら」や、「笑うセールスマン」「夢魔子」といった大人向けの内容の漫画をよく読んでいました。

まだ何冊かあったような気もしますが、思い出せたのはこのぐらいでした。

この他、ハードカバーの「もしもの世界」「世界妖怪図鑑」といった類の本も何冊かありました。

機会があったら、また読んでみようと思います。

関連事項

我が家にあったウルトラマングッズ

昭和TV&レトログッズ記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
昭和のマンガ本~我が家の本棚にあったのは…~
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする