ヒーローものじゃない70年代子ども向け番組の記憶 ①

小学生だった70年代、私はテレビっ子で、いろんなテレビを見ていました。

ウルトラマン、仮面ライダーなどの特撮ヒーローもの、マジンガーZや宇宙戦艦ヤマトなどのアニメはもちろんのこと、妹がいたので、女の子向けのアニメ等も見ていました。

アニメでなく、特撮ヒーローものでもない作品で何を見ていたかなと考えた時に、ふと頭に浮かんだ作品があったので、その思い出について少し書いてみたいと思います。

皆さんはどんな作品をご覧になっていたでしょうか?

スポンサーリンク

70年代の朝の番組

登校前、帰宅後、食後と、あんまり勉強もせず、ずっとテレビを見ていたような気がします。

病気で学校を休んだ時は、日中、ウルトラセブンなどの再放送もやっていましたし、NHKの3チャンネルも見ていて面白いものが多かったです。

朝の番組

朝の番組で記憶に残っているのは以下の番組です。

  • おはようスタジオ
  • ピンポンパン
  • おはよう!こどもショー
  • カリキュラマシーン

おはようスタジオ

一番記憶に残っているのは、東京12チャンネルでやっていた「おはようスタジオ」(おはスタ)です。

司会が志賀ちゃんと竹谷さんで、オープニングでは東京タワーをバックに新人アイドル歌手が歌い、その後、マニアックな子どもたちが番組で暴れるみたいな番組でした。

この番組を見て、多くの新人アイドルを知り、柏原よしえさんの「ガラスの夏」などのレコードを買ったりしていました。

志賀ちゃんのことも面白くて好きだったので、「わんぱく宣言」というレコードも買いました。

おはスタの前の時間だったか、後の時間だったか忘れてしまいましたが、「海底少年マリン」というアニメもよく見ていて、「おはスタ」のことを考えると、「海底少年マリン」のことも一緒に思い出されます。

ピンポンパン

「ピンポンパン」は、お姉さんやお兄さんたちと歌ったりする番組でした。

セットとして置いてある木の穴の中に、おもちゃが置いてあって、番組の最後に、出演した子どもたちがダッシュして好きなおもちゃを取りに行くのですが、私はこれがうらやましくてたまりませんでした。

幼稚園の時、友達が「ピンポンパン」に出て、おもちゃをもらってきた話を聞いて、その友達を尊敬してしまいました。

何故か「しんぺいちゃん」という小太りのお兄さんの事はよく覚えています。

おはよう!こどもショー

「おはよう!こどもショー」は、具体的な番組の内容はあまり覚えていませんが、ロバくんという着ぐるみのキャラクター、「レッドマン」「グリーンマン」等の数分程度の特撮番組のコーナー、歌のコーナーがあったことは覚えています。

一番覚えているのは、歌のコーナーで流れた「あの子」という曲で、メロディーと歌詞の一部ではありますが、しっかりと覚えています。

自分にイタズラばかりする男の子のことが好きになってしまうという歌ですが、自分にとっては何故かとても印象的な歌でした。

大人になってから、この歌は桜井たえこ(朝倉理恵)さんという方が歌っているのを知り、動画サイトで再び聞くことができ、感激しました。

カリキュラマシーン

これも具体的な内容は覚えていませんが、物凄く奇抜な番組でした。

変なアニメの動画や、大人たちがコントをするみたいな番組だったと思います。

ロボットみたいなキャラクターがいたような気もします。

まとめ

年々、これらの番組の記憶が薄れていくので、自分の健忘録的な記事を書いてみました。

次回は、「ふしぎ犬トントン」「燃えろアタック」などの夕方から夜にかけて見ていた番組の思い出について書いてみたいと思います。

お時間のある時に、またお付き合いください~(^_^)/~

関連事項

ヒーローものじゃない70年代子ども向け番組の記憶 ② ~コメットさん etc~

実家に残っていた70年代のソフビ人形!

昭和TVとレトログッズ記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
ヒーローものじゃない70年代子ども向け番組の記憶 ①
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする