ヒーローものじゃない70年代子ども向け番組の記憶 ②

前回は、70年代のアニメでなく、特撮ヒーローものでもない作品で、私が小学生の頃見ていた朝の番組の思い出を書かせていただきました。

今回は、夕方から夜にかけて見ていた番組で、パッと思いつく作品の思い出を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

子ども向け番組~友情・根性・動物 etc~

我が家では、私が幼い頃から犬、猫、インコ、リス、うさぎなどの動物を飼っていたせいか、動物が出てくる番組をたくさん見ていました。

その中でも一番好きだったのは、「フランダースの犬」でしたが、今回はアニメについては対象外にしていますので、「フランダースの犬」は外します(;^ω^)

ケンちゃんシリーズ

宮脇康之さんの初代ケンちゃんも見ていましたが、一番記憶に残っているのは、ケンジ役をしていた岡浩也さんが、2代目ケンちゃんになった時の作品です。

ものすごく道徳的な番組で、学校の道徳の授業よりも勉強になると思って見ていました。

時々、ケンちゃんが家族旅行に行く話があって、その時、よく地元のかわいい女の子と知り合いになるシーンがありましたが、それを羨ましく見ていました。

自分が旅行に行った時、ケンちゃんの様にかわいい女の子と知り合いになったことは一度もありませんでした💦

こういった旅行に出かけるような楽しい場面でかかるBGMがとても印象的で、自分も同じような場面に遭遇すると、そのBGMがよく頭の中で流れていました。

ふしぎ犬トントン

再放送がない番組は忘れてしまいがちですが、この「ふしぎ犬トントン」については、再放送で見た記憶がないのに、番組タイトルと所々のシーンは覚えています。

確か、子どもと犬の姿をした宇宙人の話だったと思いますが、詳しい内容は覚えていません。

何故覚えているかというと、動物が出て来る番組は印象深かったことと、主役の少年を坂上忍さんが演じていて、当時、友達から坂上忍さんに似ているとよく言われていた為です。

番組に出て来る犬も、我が家で飼っていた雑種の犬に少し似ていたこともあって、強く印象に残っています。

5年3組魔法組

この番組が放送されていた頃、私自身も5年3組だったので、よく覚えています。

5年3組のクラスメイトたちが、魔女のベルバラからもらった魔法の道具を使って騒動を解決していくという内容でした。

ある道具を使うとしっぺ返しといって、何らかの災いを被るのですが、いつも何が起こるんだろうと思ってみていました。

ベルバラ役を演じた曽我町子さんの演技は、抑揚の強いセリフ回しで、マシンガンの様に喋りまくるので、強く印象に残っています。

曽我町子さんは、多くの子ども向け番組に出ていましたが、この作品の印象が一番強いです。

がんばれ!レッドビッキーズ

弱小少年野球チームを、女子高生の監督が優勝にまで導くといった話でした。

まず、監督である女子高生役を演じた林寛子さんがめちゃくちゃかわいくて、近所の子どもたちを構ってくれる、こんなかわいいお姉さんがいたらいいな~なんて思いながら番組を見ていました。

野球チームの子どもたちは、色々なキャラを持っていましたが、一番覚えているのは、家で飼っているミドリガメを、練習中もずっと持っていた「トータス」というあだ名のメンバーです。

この番組のおかげで、カメは英語でトータスということを覚えましたが、中学生になって、タートルとかトータルとか学んでいく内に、カメは英語で何というか分からなくなってしまいました(*’▽’)

しまいには、タートスなんて言っていたような気がします💦

番組の所々に挿入されるアイキャッチ(挿絵)も、かわいくて印象的でした。

この番組終了後、「それゆけ!レッドビッキーズ」というのも見ていましたが、やはり1作目の方が強く印象に残っています。

それゆけ!レッドビッキーズ」の野球チームの監督は、斉藤とも子さんが演じていましたが、斉藤とも子さんは、「それゆけ!レッドビッキーズ」よりも、中村雅俊さんの青春ドラマに出ていた時の印象の方が強いです。

透明ドリちゃん

確か、ゴレンジャーとかの戦隊ものをやっていた時間帯の新番組で、その流れで見ていたような気がします。

急に趣向の違う作品になったので、インパクトが強かったのだと思います。

主人公の女の子が、妖精の国に連れて行かれて、君は行方不明になっていた妖精の国の王女だみたいなことを言われましたが、妖精の国に留まることを拒否されたため、条件付きで人間界に戻れることになり、与えられた魔法の玉と妖精たちによって、人間界の事件を解決していくといった内容だったと思います。

主人公の女の子は、かわいくて優しく、しっかりしていたので、こんなお姉ちゃんがいたらいいなーと思ってみていました。

あと、魔法の玉を使うと透明になれたので、これにも憧れました。

ただ、自分が透明になったら何がしたかったかというと、バカバカしくて書けません(;^ω^)

刑事犬カール

刑事犬と共に事件を解決していく話ですが、犬の賢さに感心するとともに、犬の訓練士役の木之内みどりさんのかわいさが印象的な作品でした。

当時、「名犬ラッシー」という外国の作品も見ていたので、頭の一番良い犬は、コリーとシェパードだと思い込んでいました。

あばれはっちゃく

正義感の強いガキ大将の長太郎が、周囲で起こった問題を知恵を使って解決していくという内容でした。

毎回何らかのへまをやらかして、父親に怒られ、「てめぇの馬鹿さ加減には、父ちゃん、情けなくて涙が出て来るくらぁ」というセリフや、長太郎が名案をひねり出すために逆立ちをして考えるシーンが印象的でした。

趣向は違いましたが、ケンちゃんシリーズと同じような感覚で見ていました。

この作品はシリーズ化され、長太郎も何人か変わりましたが、やっぱり初代が一番印象に残っています。

燃えろアタック

私はスポコン(スポーツ根性)作品が大好きでした。

努力に努力を重ねて、出来なかったことが出来るようになる、勝てなかった相手に勝てるようになる、そんなシチュエーションに感動しました。

大体、こういう番組は必殺技があって、それが爽快でした。

高いところに紐でボールをぶら下げて、アタックできるようにジャンプしてみたり、でんぐり返しをしながら「ヒグマ落としー!」と叫んで、ボールを打ったりと、主人公を演じる荒木由美子さんのマネを良くしていました。

3年B組金八先生に出ていた三原じゅん子さんもバレー部員として出演していたので、この作品の印象が強まりました。

この作品の雰囲気は、レッドビッキーズに似ていました。

コメットさん

今まで上げた作品の中で、一番思い出深いのが、大場久美子さん演じるコメットさんでした。

乙女座の学校の卒業試験として、地球で一番美しいものを探しにコメットさんが地球にやって来て、問題解決のために魔法を使いながら、その美しいものは一体何なのかを探求していくという内容でした。

時にはコミカルで、時には涙するような心温まる作品でした。

コメットさんは魔法を使う時、バトンをくるくる回すのですが、妹がバトンクラブに入っていたので、よく真似をしていました。

とにかく、大場久美子さんが、とてつもなくかわいい!

顔がかわいいだけでなく、その一つ一つのしぐさや、セリフの言い方がゾクゾクする程かわいくて、この人と結婚したいと番組が続いている間、ずっと思っていました。

時々、ウルトラセブンやウルトラマンレオが出て来たりと、他の番組とのコラボがあったのも印象深かったです。

まとめ

まだいくつか思いついた作品がありましたが、長くなってきたので、これで止めておきます。

皆さんが好きだった作品はありましたか?

また機会があれば、よく見ていたNHK 3チャンネル(教育テレビ)の話も書いてみたいと思います。

また遊びに来てください(^_-)-☆

関連事項

70年代 記憶に残る名作映画 ホラー&SF&パニック編

70~80年代 シール集めをしていました!~雑誌やお菓子のシール~ 

昭和TVとレトログッズ記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
ヒーローものじゃない70年代子ども向け番組の記憶 ②
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする